認知行動療法の治療的介入の成績開示にあたって

全ての認知行動療法に基づくカウンセリングでは、クライアントの状態像を把握するために、アセスメントを取っています。
アセスメントを取っていないところは、認知行動療法をやっていません。
CBTセンターでは、今回それらのアセスメント結果をまとめて、治療成績を出してみましたので、開示します。
*本結果は日本認知・行動療法学会(2015)のシンポジウムで発表されました。

カウンセリングで扱われる困りごとや精神科の困りごとの多くは、扱われてどうなるのか治療成績などを開示しているところが少なく、残念に思います。

CBTセンターで行っているのは医行為ではないので治療とは言えませんし、不登校や休職、引きこもりは必ずしも心の病気とは言えないのですが、とりあえず関わった結果についてお伝えします。

社会機能について

介入結果では、多く社会機能について扱われています。これは、認知行動療法が単に『症状を良くする』ことを目指すよりも、いっそう『QOLや社会機能を向上させる』ことに力を尽くしているからです。
つまり、「症状は良くなりましたが、引きこもりです」よりは、「症状がありながらも、何とか働けています」の方が、健康であると我々は見なしています。
SFS-AYについては、こちらを参照ください

社会機能

CBTセンターにおける認知行動療法の介入成績について

各種カウンセリング

CBTセンターでは利用する様々な人のニーズに合わせて、各種サービスを提供しています。
滋賀・福井県内はもちろん、京都、大阪、兵庫、三重、奈良あたりの滋賀近辺の近畿・関西あたりからもお越しいただいています。お気軽にどうぞ。