カウンセラーの紹介

所長

専門行動療法士 産業カウンセラー
西川 公平

西川公平

精神科・心療内科のクリニックで勤務しカウンセリングを施術してきた。特に薬物療法があまり有効でない方々に対して、 認知行動療法に基づくカウンセリングをおこなってきている。
うつ病、パニック障害、強迫性障害、対人恐怖症、発達障害等々、精神疾患を抱えた人々に対する認知行動療法チをはじめとして、不登校、引きこもり、共依存、DVなど社会的な困り事を抱えた人々に対しても積極的に取り組んできた。

カウンセリングは認知行動療法をメインの技術としながら、家族療法やブリーフセラピーなどを 柔軟に取り入れた心理サービスを提供している。
近年は学校や職場など現場におけるこころの専門家の役割を意識し、悩みの種をいかに種のうちに早期発見して治療するかといった、ケースワークやマネジメントについて、 研鑽を積んできている。

滋賀県内の各地で呼ばれて研修を行っており、地域社会、住民、企業に対して、一般的な精神疾患の知識や心のお医者さんの活用法、向精神薬の知識を伝え広めるなど、偏見の低下に努めている。
また、自分自身でも滋賀県に移り住んでから「地域における認知行動療法の普及」をテーマに、認知行動療法に関する勉強会、研修会、市民講座などを滋賀県下を始め、福井、大阪、神戸、三重などで積極的に開催している。
これまでに研修を行ったのは、大津,彦根,長浜,近江八幡,草津,守山,栗東,甲賀,野洲,湖南,高島,東近江,米原,蒲生郡安土・日野,愛知郡愛荘,犬上郡豊郷・甲良・湖北,伊香郡高月・木之本などです。

スタッフ

専門行動療法士 臨床心理士
別司 ちさと

別司 ちさと

公的相談機関・心療内科のクリニックで医療カウンセラー、その他スクールカウンセラーとして勤務し、心理カウンセリングに携わってきました。
心理カウンセリングの技法は認知行動療法や家族療法の視点を取り入れ、うつ病を始めとし、薬物療法があまり有効でない方や対人関係でお悩みの方々と関わってきました。
皆様の困っている現在の問題について話をお聴きかせ下さい。困り事に対する解決策を一緒に探し、個々の日常生活に合わせて少しでも解決していくようお手伝いしていきます。

また地域において、対人援助サービスに従事する者を対象としたカウンセリング/認知行動療法の勉強会・研修会を順次開催しております。
職種を超えたカウンセリング/認知行動療法の知識/技術普及によって、各従事者並びに各従事者が携わる利用者さんの生活がより楽に、心地良くなることを目指します。

スタッフ

精神保健福祉士 臨床心理士
木内 彩乃

木内 彩乃

大学院修了後、心療内科のクリニックや大学の学生相談室で、心理判定業務や、認知行動療法の技法を取り入れた心理カウンセリングを行ってきました。
その方が本来持っている力を引き出せるようなサポートを心がけ、自分らしく過ごせるよう、お手伝いができればと思っております。

医療、教育分野に興味関心があると共に、学生時代にはボランティア活動に没頭していた経験から、地域コミュニティ活動を広めていくことにも関心があります。
また、認知行動療法の習得を目指した研修に積極的に取り組んでいきたいと思っており、専門家同士の連携にも関わっていければと思っております。

スタッフ

認定行動療法士 臨床心理士
岡村 優希

岡村写真

大学院修了後、心療内科クリニック及び心理相談室において、心理カウンセリング、心理検査、リワークプログラムの運営等の業務を行ってきました。
カウンセリングでは主に認知行動療法の視点から不登校やひきこもり、職場関係などの問題に取り組んできました。
心に問題を抱えながら生活していくのは大変な事です。負担を少しでも減らせるよう一緒に問題を解決していきましょう。
皆様のお役に立てるよう精一杯頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

スタッフ

認定行動療法士 臨床心理士
料崎智秀

料崎写真

 大学院では、医療における認知行動療法についての研究・実践に携わってきました。
 修了後は、急性期総合病院や精神科病院にて勤務し、カウンセリングや心理・発達検査、集団精神療法を行ってきています。
 特にうつ病、不安症、不眠症、強迫性障害や依存症(アルコール・ドラッグ・ギャンブル等)、自傷行為等といったいわゆるこころの病気の中でも薬物療法だけでなく認知行動療法が推奨されるケースを担当してきました。
 これまで医療においてさまざまな病気を抱えた方の治療に関わる中でカウンセリングの有効性・可能性を体験しています。より多くの方々に適切な心理サービスが提供できるよう日々研鑽を重ね、皆様のお力になれればと思います。

スタッフ

臨床心理士
牧野 拓也

牧野写真

私はこれまで大学病院精神科・児童精神科、単科精神科病院、精神科・心療内科クリニックを軸足に臨床に取りくみました。
さらにこれらに加え大学相談室、企業相談室、神経内科病院などにも関わってきました。
落ち着きなくいろんな施設にかかわってきたことから、老若男女問わず様々な方のサポートを経験しています。
「実効ある心理療法」をモットーにしており、できるだけ短期間で・負担の少ない介入を目指し日々臨床にあたっています。
また「説明できる介入」も非常に重要だと考えています。「いまやっていることはどんな意味があるのか」「良くなっているのか」という質問もどんどんしてください。
皆様のお力になれるよう、がんばっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

スタッフ

臨床心理士
藤井敏之

藤井写真

私は、これまで教育センターや青少年センター等で、認知行動療法の視点から、対人関係や不登校、その他様々な問題等に悩む方々の支援を行ってきました。
個別でのカウンセリングに加え、コミュニケーションがどうしても苦手という方のために、様々な場面でのコミュニケーションのコツがつかめるように一緒に練習したり、不安や緊張が強くて日常の生活が送りにくいという方のために、リラクセーションの方法を学んでもらったりという支援も行ってきました。
 それぞれの方の抱える困りごとは、複雑で大きく感じられ、とてもつらいものであるために、一人で抜け出そうと思っても、どうしてもその問題に圧倒されてしまいます。
 カウンセラーとして皆さんの問題を一緒に考え、整理して、少しでも早く皆さんが何気ない日常を取り戻すことができるようお手伝いできればと考えています。カウンセリングに来られた方のそれぞれの問題に合わせた柔軟な支援ができればと心がけています。
 皆様のお役に立てますよう、頑張っていきたいと思います。