京都の国際会議場で行われたので参加してみました。
お目当ては不眠症に対する認知行動療法(CBT-I:Cognitive Behavioral Therapy for Insomnia)

昔から不眠という事柄を扱う事は確かにあったのだけれども、不眠症という人々を扱う事がほとんどなかったので、勉強中です。

» 続きを読む

投稿者: 西川公平
2011-10-18 14:57
ちょっと人から尋ねられたので、教えついでにまとめてみました。
**症へのCBTってのは、好きじゃないんだけど・・・。

2019/09/21ちょっと修正

» 続きを読む

投稿者: 西川公平
2011-10-12 18:12
カテゴリー: 様々な困りごと
去る9/30-10/2に大阪で行われた認知療法学会 認知療法研修会に参加してきました。

住友病院の東斉彰大会長をはじめ、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。
スタッフも参加者も普段大阪の認知行動療法系勉強会などで顔を合わせる人々で関西のCBTの人々が一堂に会した感じでした。

その時の感想など

» 続きを読む

投稿者: 西川公平
2011-10-05 02:01
カテゴリー: 雑談
先日ちょっとした用事で徳島に出かけるついでに、認知行動療法の研修を開催してみました。
その時の話など。

» 続きを読む

投稿者: 西川公平
2011-09-26 20:55
カテゴリー: 雑談
CBTセンターではクライアントの増加に伴い、滋賀県及び福井県で共に働いてくれる心理カウンセラーを募集します。

» 続きを読む

投稿者: 西川公平
2011-09-26 00:10
カテゴリー: CBTの求職・求人
認知行動療法入門

日時 2011年9月24日(土) 10:00-16:00
講師 西川 公平(CBTセンター所長/滋賀医科大学地域精神医療学講座 日本認知療法学会広報委員 専門行動療法士 産業カウンセラー)
場所 徳島県立障害者交流プラザ(徳島市南矢三町2丁目1-59 ℡088-631-1000)
料金 6,000円  定員 50名

» 続きを読む

投稿者: 西川公平
2011-08-26 18:44
西川が認知療法尺度(CTS-R)をつける練習のため、陪席してもいいよ、セッションビデオを提供してもいいよという方を募集します。
できれば近畿圏内で、先着5名様程度。

交渉が成り立った方の元に西川がお邪魔して、陪席許可および尺度記入の許可が得られたクライエントさんの場合のみ、陪席します。
ついでにスーパーバイズもサービスします。

応募者はホームページよりメールを送ってください。
(なお、応募に先立って、所属施設の許可を取っておいてください)
投稿者: 西川公平
2011-08-21 03:24
カテゴリー: CBTの求職・求人
三蔵法師よろしくイギリスから持ち帰られて訳された認知療法尺度(CTS-R)をスーパーバイズに使用してみました。その時の感想など。

認知療法尺度改訂版 Cognitive Therapy Scale Revised (CTS-R)とは“認知療法が成り立っているか“の尺度で12項目9件法。イギリスではこの尺度などを用いて認知行動療法の質を他人が評価できるとされている。
行動療法学会や認知療法学会が配っている「サルコフスキス教授来日シンポジウムの記録」に日本語訳がある。

各項目は
1,アジェンダの設定と順守
2,フィードバック
3,協同関係
4,ペース配分と時間の効果的利用
5,対人的効果(受容・共感)
6,適切な感情表現を引き出す
7,鍵となる認知を引き出す
8,行動を引き出し計画する
9,誘導による発見
10,概念的統合(ケースフォーミュレーション)
11,変化の技法と適用
12,宿題の設定

» 続きを読む

投稿者: 西川公平
2011-08-21 03:17
カテゴリー: テクニック
精神保健福祉士の有園正俊さんが書かれた強迫性障害に関する一般向けの良書です。
監修は上島国利先生

有園さんはOCD関連の研修などでちょくちょくお会いします。
またWeb上で強迫性障害の案内板という情報発信をされていたり、三鷹でOCDお話会を開催されていたりと、ご活躍されています。

» 続きを読む

投稿者: 西川公平
2011-08-03 18:15
カテゴリー: お勧め
お次は第二談。またまた千田先生の所です。頑張っておられますね・・・。
カウンセリングルームの名前を「リスタカウンセリングルーム」と変えられたようです。前の方が良かったような・・・w

クリスティーン・A・パデスキー博士の認知行動療法ワークショップが開催されます。

タイトルは回復力を構築するための“強み”を組み入れた協同的事例概念化」(Incorporating Strengths into Collaborative Case Conceptualization to Build Resilience)
     

» 続きを読む

投稿者: 西川公平
2011-07-31 16:23