2018/06/30: 9 Elimination disorders 9排泄症群 ICD-11

説明
排泄症には、服や寝床への尿の反復排尿(遺尿症)や、不適切な場所で繰り返し排便する(遺便症)ことが含まれます。排泄症は、個体が通常それを制御できるであろう発育年齢に達した後(遺尿症は5歳、遺便症は4歳)にのみ診断されるべきである。尿失禁または便失禁は、出生時(すなわち、正常な乳児失禁の非定型的な拡張)に存在してもよく、または後天性の膀胱または腸管制御の期間後に生じてもよい。失禁、尿路または腸の先天性または後天性異常、または下剤または利尿剤の過剰使用を引き起こす他の健康状態にその行動が完全に帰因する場合、排泄症は診断されてはならない。

9.1 Enuresis 遺尿症
説明
遺尿症は、通常、尿意蘇生が通常(5年)に予測される発達年齢に達した個人において、昼間または夜間に起こり得る衣類またはベッドへの尿の反復排尿である。
尿失禁は、出生時(すなわち、正常な児童尿失禁の非定型的な拡張)に存在していてもよく、または膀胱制御の獲得後に生じてもよい。 ほとんどの場合、行動は不随意ですが、場合によっては意図的に見えます。 尿毒症の意図しない排尿が、尿路の障害(例えば、神経系の疾患または筋骨格障害)または尿路の先天性または後天性の異常に起因する場合、尿管炎は診断されるべきではない。
インクルーシブ
機能的尿素
心因性尿路
尿失禁

9.2 Encopresis 遺糞症
説明
遺糞症は、不適切な場所で繰り返し排便する障害です。遺糞症は糞便調節が通常予想される発達年齢(4歳)に達した個体において、繰り返し(例えば、数ヶ月の期間にわたって月に少なくとも1回)不適切な排便が起こるときに診断される。糞便失禁は、出生時(すなわち、正常な児童尿失禁の非定型的な拡張)に存在してもよく、または後天性の腸管制御の期間後に生じてもよい。糞便の汚れが他の健康状態(例えば、巨細胞性メガコロン、二分脊椎、痴呆)、腸の先天性または後天性異常、胃腸感染、または下剤の過剰使用に起因するものであれば、エンコード化は診断されるべきではない。

9.3 Elimination disorders, unspecified 排泄症、特定不能

投稿者: 西川公平
2018-06-30 22:05
カテゴリー: 疫学・統計

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。