神経性やせ症に対するFamily Based Treatment

神経性やせ症に対するFamily Based Treatment

思春期の神経性やせ症患者とともに暮らすご家族のための介入法であるFBT:Family Based Treatmentのプログラムを行います。
受け入れの条件は以下の通りです。

  • 20歳未満である
  • 精神科、児童精神科、小児科に通院継続している。
  • 上記機関から紹介状がある。
  • 主治医がFBTについて一定の知識や理解を持ち、共通見解で取り組める。
  • 一定体重が落ちたら入院治療を受ける手はずが整っている。
  • 保護者のやる気が非常に高い

プログラムの内容

CBTセンターにおけるプログラムの内容は、下記のとおりです

ステップ 親の役割 子の役割 達成条件
第一段階 三食+三間食を準備して、食べさせる。
運動や排出を管理する。
親の用意した自分の分の食べ物を完食する。
排出しない。
普通に食べられるようになる。
標準体重の90%までの回復
第二段階 第一段階のルールを減らして、徐々にコントロールを本人に戻す。 摂食に対するセルフコントロールを回復させる。 摂食に対するコントロールの殆どが本人に戻る
第二段階 本人の発達段階に合わせた課題に取り組みつつ、再発予防策を取る。夫婦関係の正常化 再発予防とその他の困りごとについて。 良い状態が一定期間続くこと

プログラムは全20回ですが、状態によって増減します。

FBTの料金(税込)

導入相談面接・家族相談面接(90分)

 滋賀 京都
初回諸経費27,000円 / 90分30,000円/ 90分

FBTプログラム(50分)

 滋賀 京都
対面カウンセリング料6,000円 / 30分7,000円 / 30分
9,000円 / 50分10,000円 / 50分
18,000円 / 90分20,000円 / 90分

オンラインFBTプログラム

オンラインカウンセリング料9,000円 / 30分
13,000円 / 50分
21,000円 / 90分

神経性やせ症に対するFamily Based Treatmentは、最初に導入面接を受けていただくことになります。
その面接によって神経性やせ症に対するFamily Based Treatmentができそうか判断していただくことになります。