2018/07/12: 17 Neurocognitive disorders 17神経認知障害群 ICD-11

説明
神経認知障害群は、発達的にというよりむしろ後に獲得される認知機能における主要な臨床的欠損を特徴とする。すなわち、神経認知障害群は、神経発達障害に分類されるような出生時に存在する認知機能の欠損または発達期間中に生じる認知機能の欠損を特徴とする障害が含まれない。むしろ、神経認知障害群は、以前に達成された機能レベルからの低下を表す。
認知障害は多くの精神障害(例えば、統合失調症、双極性障害)に存在するが、核となる特徴が認知的である障害のみが神経認知障害群に含まれる。
神経認知障害の根底にある病理および病因を決定できる場合、同定された病因は別々に分類されるべきである。
その他のコード化
二次神経認知症候群(6E67)



17.1 Delirium せん妄
説明
せん妄は、記憶障害、失見当識障害(すなわち、環境に対する配向が減少する)、または言語、視空間能力、または知覚障害(すなわち、注意を向ける、集中させる、維持する、および注意を変える能力の低下)などの他の認知障害を伴い、短期間で発達し、1日の経過中に変動する傾向のある注意および認識障害を特徴とする。睡眠 - 覚醒サイクルの障害(睡眠 - 覚醒サイクルの逆転による急性発症または全睡眠損失の覚醒の減少)もまた存在し得る。
この症状は、精神および行動障害または薬物中毒または薬物中毒に分類されない障害または疾患に起因する。


17.2 Mild neurocognitive disorders 軽度認知障害
説明
軽度の神経認知障害は、認知機能の以前のレベルからの衰退の主観的経験によって特徴づけられ、人の日常生活活動の独立性を著しく損なうほど十分に重度ではないものの、個体の年齢および知的機能の一般的レベルを考慮して、予想されるものと比較して1つまたは複数の認知領域におけるパフォーマンスの障害の客観的証拠を伴う。
認知障害は、完全に正常な老化に起因するものではない。 認知障害は、神経系の基礎疾患、外傷、感染または脳の特定領域に影響を与える他の疾患プロセス、または特定の物質または薬物の慢性的な使用に起因し得るか、または病因は未定であり得る。

17.3 Amnestic disorder 健忘症
説明
健忘症は、他の認知領域における障害に不均衡である、知的機能の年齢および一般的レベルと比較して、重度の記憶障害を特徴とする。意識障害や一般化された認知障害を伴わずに、記憶を獲得したり、新しい情報を学習したり、以前に学習した情報を思い出すことができないという深刻な欠点が顕在化する。概して近似記憶の方が遠隔記憶よりもかき乱されますが、直近の記憶はすぐに思い出せます。
記憶障害は、物質中毒または物質撤去に起因するものではなく、基礎的な神経学的状態、外傷、感染、腫瘍または脳の特定領域に影響を及ぼす他の疾患過程、または特定の物質または薬物の慢性的な使用に起因すると推定されるものでもない。
除外
せん妄(6D70)
認知症(6D80-6D8Z)
軽度の神経認知障害(6D71)

17.4 Dementia 認知症
説明
認知症は、2つ以上の認知領域(記憶、執行機能、注意、言語、社会的認知および判断、精神運動速度、視覚障害または視空間能力など)における障害を伴う以前のレベルの認知機能からの低下を特徴とする後天的脳症である。
認知障害は、完全に正常な老化に起因するものではなく、日常生活の活動における個人の独立性を著しく妨げる。
入手可能な証拠に基づいて、認知機能障害は、脳、外傷、栄養不足、特定の物質または薬物の慢性的な使用、または重金属または他の毒素への暴露に影響を及ぼす神経学的または医学的状態に起因すると考えられる。
インクルーシブ
認知症NOS
除外
昏睡(MB20.1)
せん妄(6D70)
知的発達の障害(6A00)
神経発達障害(6A00-6A0Z)
まひ(MB20.0)
老齢(老衰)(MG2A)

17.5 Secondary neurocognitive syndrome 二次性神経認知症候群
17.6 Other specified neurocognitive disorders 神経認知障害群、他の特定される
17.7 Neurocognitive disorders, unspecified 神経認知障害群、特定不能


投稿者: 西川公平
2018-07-12 18:23
カテゴリー: 疫学・統計

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。