2018/07/09: 14 Personality disorders and related traits パーソナリティ症群および関連特性 ICD-11

14 Personality disorders and related traits パーソナリティ症群および関連特性についての説明は見つかりませんでした。
下位分類に関する説明はあります。

14.1 Personality disorder パーソナリティ症
説明
パーソナリティ症は、「自己」というの側面の機能における問題 (例えば、アイデンティティ、自己価値、自己視界の正確さ、自己方向性)、および/または対人機能不全(例えば、緊密かつ相互に満足する関係を開発し維持する能力、他者の視点を理解する能力、および関係における葛藤を管理する能力)が長期間にわたって(例えば、2年以上)持続して障害されていることに特徴づけられる。
混乱は、不適応を招く(例えば、柔軟性がないか、または不十分に規制されている)ような認知、感情経験、感情表現のパターンで明らかであり、様々な個人的および社会的状況(すなわち、特定の関係または社会的役割に限定されない)にわたって起こっていることが明らかである。
混乱を特徴付ける行動のパターンは、発達上適切ではなく、主に社会政治的な葛藤を含む社会的または文化的要因によって説明することはできません。
混乱は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域における実質的な苦痛または重大な障害に関連する。

14.2 Prominent personality trait 顕著なパーソナリティ特性
説明
顕著な特徴領域は、最も顕著であり、人格障害に寄与する個人の性格の特徴を記述するために、パーソナリティ症またはパーソナリティ混乱に適用することができる。特徴領域は、パーソナリティ症またはパーソナリティ混乱を持たない個体において、正常な人格特性と連続している。
特徴領域は診断カテゴリではなく、基本的なパーソナリティの構造に対応する一連のディメンションを表します。人格機能を記述するために、必要に応じて多くの顕著な特徴領域を適用することができる。 より重度のパーソナリティ症を有する個体は、より多くの顕著な特徴領域を有する傾向がある。

14.3 Borderline pattern ボーダーラインパターン
説明
ボーダーラインパターン記述子は、以下の多くに示されるように、対人関係の不安定性、自己イメージ、および影響、および顕著な衝動性パターンが特徴である。それらは、現実的または想像的な放棄を避けるための勇敢な努力; 不安定で強烈な対人関係のパターン;著しく永続的に不安定な自画像や自己意識に現れる身分障害;高いネガティブな影響下の状態で急に行動し、潜在的に自己破壊的な行動につながる傾向;再発した自己害のエピソード;気分の著しい反応性による感情的不安定性; 空虚の慢性的な感情; 不適切な激しい怒りや怒りを制御するのが難しい;高感情的な覚醒の状況における一時的な解離性症状または精神病様の特徴、などである。


投稿者: 西川公平
2018-07-09 12:23
カテゴリー: 疫学・統計

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。