2018/06/21: 5 Obsessive-compulsive or related disorders 5強迫症または関連症群 ICD-11

説明
強迫症および関連症は、病因および重要な診断検証において類似性を共有すると考えられる反復的な思考および行動によって特徴付けられる症群である。強迫観念、侵入思考および没入思考のような認知現象は、これらの状態のサブセット(すなわち、強迫神経症、身体醜形恐怖、心気症および自己臭)の中心であり、関連する反復行動を伴う。ためこみ症は、侵入している望ましくない考えには関連しておらず、むしろ、それらを捨てることに関連して財産や苦痛を蓄積する必要があるという特徴がある。また、グループには、身体に焦点を当てた反復性行動症が含まれ、外傷に向けられた再発および習慣的な行動(例えば、抜毛、皮膚むしり)が特徴であり、顕著な認知的側面を欠いている。この症状は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらす。
その他のコード化
物質誘発強迫症または関連症()
二次強迫神経症または関連症候群(6E64)
トゥレット症候群(8A05.00)

5.1 Obsessive-compulsive disorder 強迫症
説明
強迫症は、強迫観念や強迫行為が大体において併存することが特徴である。強迫観念は、反復的で永続的な思考、イメージ、または衝動/衝動であり、侵害的であり、望ましくなく、一般に不安と関連している。個々人は強迫観念を無視または抑制しようとするか、強迫を行使して中立化しようとする。強迫行為とは、固執的な規則に従って、または完全性の感覚を達成するために、強迫観念に応答して個人が実行するように促される反復的な精神的行為を含む反復的行動である。強迫症が診断されるためには、強迫観念や行為にとても時間がかかっている(例えば1日1時間以上かかる)こと、および個人的、家族的、社会的、教育的、職業的など重要な機能領域において大きな苦痛があることが必要である。
インクルーシブ
悪性神経症
強迫神経症
除外
強迫性行動(MB23.4)

5.2 Body dysmorphic disorder 醜形恐怖症
説明
醜形恐怖症は、目に見えないか、または他の人にわずかにしか認識されない、1つまたは複数の知覚された欠陥を長らく悩み続けることに特徴付けられる。個人は、しばしば過剰に自分が意識している部分に、まさしく他人が言及しているように経験する(すなわち、人々が告知、判断、または認識された欠陥または瑕疵について話しているという確信)。その思い込みに則って本人は、欠陥があるとみなされた自らの外観を過剰に調査し、その欠陥を隠したり変えたりするための取り組みを過度に行い、あるいは苦痛を増大させる社会的状況やきっかけを明らかに回避する。症状は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な苦痛または多大な障害をもたらすほど十分に重度である。
除外
神経性無食欲症(6B80)
身体苦痛障害(6C20)
体の出現に関する心配(QD30-QD3Z)

5.3 Olfactory reference disorder 自己臭症
説明
自己臭症は、目に見えないか、または他の人にわずかにしか目に見えない知覚された汚れたまたは不快な体臭または呼吸を放出しているとの確信を持っている。個人は、しばしば過剰に自分が意識している匂いに、まさしく他人が言及しているように経験する(すなわち、人々が告知、判断、または臭いについて話しているという確信)。その思い込みに則って、本人は意識的に、体臭を繰り返しチェックしたり、匂いの発生源を確認したり、繰り返し大丈夫か聞いたり、匂いを変えようとしたり、取ろうとしたり、社会的状況を回避したり、臭い匂いがバレたり増強するようなきっかけを回避したりを反復的かつ過剰に確認を行う。
症状は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらすほど十分に重度である。

5.4 Hypochondriasis 心気症
説明
心気症は、1つ以上の重症、進行性または生命を脅かす疾患を有する可能性についての懸念や不安を伴うことが特徴である。心配は、通常のまたは普通の感覚を含む身体の徴候または症状の致命的な誤解と関連し、繰り返し、過度の健康関連行動または健康に関連する不適応回避行動のいずれかに現れる。先入観または恐怖は、患者の特定の状況に関連する単純な合理的な懸念ではなく、適切な医学的評価および安心感にもかかわらず、持続または再発する。症状は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらす。
インクルーシブ
心気神経症
ナルノビア
病気の不安障害
除外
身体異型障害(6B21)
身体苦痛障害(6C20)
がんの恐怖(MG24.0)

5.5 Hoarding disorder ためこみ症
説明
ためこみ症は、その実際の価値に関わらず、買い込みすぎてどんどん貯めるであるとか、捨てることが過剰に困難であるとかによって特徴付けられる。 過度の買収は、溜め込んだり買い込んだりに関する繰り返しの衝動や行動によって特徴付けられます。 持ち物を捨てることの困難さは、物品を確保しておく必要性と、物品を捨てることに関連する苦痛を特徴とする。 所有物の蓄積は、生活空間を使用したり、そこで安全であったりすることができなくなるほど混雑するようになる。 症状は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらす。

5.6 Body-focused repetitive behaviour disorders 身体への反復行動症群
説明
身体への反復行動症群は、外皮に向けられた再発性および習慣的な行動(例えば、髪の引っ張り、皮膚の摘み取り、口唇の噛み込み)で、典型的には、関係する行動を減少または停止しようとして失敗する試みを伴い、皮膚科学的後遺症(例えば、脱毛、皮膚病変、唇擦過傷)をもたらすことで特徴づけられる。
この行動は、日中に散在する短時間のエピソードで、またはより頻繁ではなくより持続的な期間に起こり得る。 症状は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらす。
5.7 Other specified obsessive-compulsive or related disorders 強迫症または関連症、他の特定される
5.8 Obsessive-compulsive or related disorders, unspecified 強迫症または関連症、特定不能

投稿者: 西川公平
2018-06-21 00:20
カテゴリー: 雑談

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。