2018/06/20: 1 Neurodevelopmental disorders 神経発達症群 ICD-11

説明
神経発達症は、特定の知的、運動、または社会機能の獲得および実行に重大な困難を伴う発達期に生じる行動および認知機能障害である。発達期間中に生じることができる多くの精神的および行動的障害(例えば、統合失調症、両極症)には、行動および認知機能障害が存在するが、神経発達の中心的特徴を有する障害のみがこのグループに含まれる。神経発達症の推定病因は複雑であり、多くの個々の症例では不明である。
その他のコード化
一次チックまたはチック症(8A05.0)
二次性神経発達症候群(6E60)

1.1 Disorders of intellectual development 知的発達症
説明
知的発達の障害は、平均的な知的機能や適応行動が有意に下回ることを特徴とする発達期間中に起きる病因学的に多様な状態の群であり、適切に基づいて平均よりも約2倍以上(約2.3パーセンタイル未満) 個別に管理された標準化されたテスト。 適切に規範化された標準化されたテストが利用できない場合、知的発達の障害の診断は、同等の行動指標の適切な評価に基づく臨床判断に大きな依存を必要とする。

1.2 Developmental speech or language disorders 発達性発話または言語症群
説明
発達発話または言語障害は、発達期間中に生じ、知的機能の年齢およびレベルに期待される正常な変化の限界を超えた、コミュニケーションの目的のための文脈および言語の理解または生成の困難性を特徴とする。 観察された言語および言語の問題は、社会的または文化的要因(地域的な方言など)に起因するものではなく、解剖学的または神経学的異常によって完全には説明されない。 発達的言語または言語障害の推定病因は複雑であり、多くの個々の症例では不明である。

1.3 Autism spectrum disorder 自閉スペクトラム症
説明
自閉症スペクトル障害は、相互の社会的相互作用および社会的コミュニケーションを開始および維持する能力、ならびに行動および関心の限られた、反復的で柔軟性のないパターンの範囲による持続的な障害によって特徴付けられる。 障害の発症は、発育期間中、典型的には小児期に起こるが、社会的要求が限られた能力を超えるまで、症状が完全に現われないことがある。 障害は、個人的、家族的、家族的、社会的、教育的、職業的またはその他の重要な機能領域において障害を引き起こすのに十分に重度であり、通常社会的、教育的またはその他の文脈によって異なるが、通常はすべての設定において観察可能である。スペクトルに沿った個人は、知的機能と言語能力の全範囲を示します。

1.4 Developmental learning disorder 発達性学習症
説明
発達障害学習障害は、読解、筆記、または算数を含む学問スキルの学習において、重大かつ永続的な困難を特徴とする。 影響を受けるアカデミックスキルにおける個人の業績は、年齢および知的機能の全般的なレベルで予想されるレベルよりも著しく低く、個人の学業または職業機能に著しい障害をもたらす。 発達障害学習障害は、初めに学業のスキルを教える時に最初に現れます。 発達障害は、知的発達障害、知覚障害(視覚または聴覚)、神経または運動障害、教育の不足、学術的言語の習熟の欠如、または心理社会的逆行によるものではない。

1.5 Developmental motor coordination disorder 発達性協調運動症
説明
発達協調運動障害は不器用、遅さ、またはモータ性能の不正確さをマニフェスト協調運動能力の実行における総と細かい運動能力や障害の獲得が大幅に遅れたことを特徴とします。調整された運動能力は、個体の年齢および知的機能のレベルを考慮すると、予測される運動能力よりも実質的に低い。協調運動技能障害の発症は発達期に起こり、典型的には小児期から明らかである。調整された運動能力の問題は、機能(例えば、日常生活の活動、学校の仕事、職業および余暇活動の活動など)において、重要かつ永続的な制限を引き起こす。調整された運動能力の障害は、神経系疾患、筋骨格系または結合組織の病気、感覚障害にのみ起因するものではなく、知的発達障害によってうまく説明されない。
インクルーシブ
眼球運動協調障害
除外
歩行と運動の異常(MB44)
筋骨格系または結合組織の疾患(FA00-FC0Z)
神経系の病気(8A00-8E7Z)

1.6 Primary tics or tic disorders 一次性チックまたはチック症群
説明
一次チックまたはチック障害は、慢性運動および/または声帯(音)チックの存在を特徴とする。 モーターとボーカルティックは、それぞれ突然、急速、非リズム的、および反復的な動きまたは発声として定義される。 診断されるためには、一貫して現れないかもしれないが、チックは少なくとも1年間存在していなければならない。

二次性チック
説明
先天性感染症または病気の直接の生理学的結果としてのチック障害。

1.7 Attention deficit hyperactivity disorder 注意欠如多動症
説明
注意欠陥多動性障害は、不注意および/または多動性 - 衝動性の永続的パターン(少なくとも6ヶ月)を特徴とし、発達期間中、典型的には小児の早い時期から中期に発症する。不注意と多動性 - 衝動性の程度は、知的機能の年齢およびレベルに期待される正常な変動の限界を超え、学術的、職業的、または社会的機能を著しく妨げる。不注意とは、高レベルの刺激や頻繁な報酬、散漫性、組織に関する問題を提供しないタスクへの注意を維持することが非常に困難であることを指します。多動性とは、過剰な運動活動および依然として続く困難を意味し、行動自己制御を必要とする構造化状況において最も明白である。衝動性は、リスクと結果を審議したり考慮したりせずに、即時の刺激に反応して行動する傾向があります。偶発的および過活動的衝動的特徴の相対的なバランスおよび具体的な発現は、個体間で異なり、発達過程にわたって変化する可能性がある。障害の診断のためには、複数の状況で行動パターンをはっきりと観察する必要があります。
インクルーシブ
多動性注意欠陥障害
多動性を伴う注意欠陥多症候群
除外
自閉症スペクトル障害(6A02)
破壊的行動または社会的障害(6C90-6C9Z)

1.8 Stereotyped movement disorder 常同運動症
説明
ステレオタイプの運動障害は、発達初期の初期段階で起こる、意図的ではない反復的で常習的で無意味な(しばしばリズミカルな)動きが特徴であり、薬物や投薬の直接的な生理的作用(離脱を含む) 自発的な身体的傷害の結果となります。 無害であるステレオタイプの動きには、身体の揺れ、頭部の揺れ、指フリックの癖、手の羽ばたきなどがあります。 ステレオタイプの自己有害な行動には、反復的な頭部の叩き、顔の叩き、目の突き刺し、手、唇または他の身体部分の咬みが含まれる。
除外
チック障害(8A05)
毛状突起症(6B25.0)
異常な不随意運動(MB46)

1.9 Other specified neurodevelopmental disorders 神経発達症、他の特定される
1.10 Neurodevelopmental disorders, unspecified 神経発達症、特定不能

投稿者: 西川公平
2018-06-20 13:52
カテゴリー: 疫学・統計

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。