2018/06/19: 3 Mood disorders 3気分症群 ICD-11

説明
気分症とは、双極症および抑うつ症群の上位グループ分けを指す。気分症は、特定のタイプの気分エピソードおよびそれらのパターンを経時的に定義する。気分エピソードの主なタイプは、抑うつエピソード、躁病エピソード、混合エピソード、および軽躁病エピソードである。気分エピソードは、独立して診断可能な実在体ではないため、独自の診断コードはありません。むしろ、気分のエピソードはうつ病と双極症の大部分の主要な要素を構成します。
その他のコード化
物質誘発気分症()
二次気分症候群(6E62)

3.1 Bipolar or related disorders 双極症または関連症群
説明
双極症および関連症は、躁症状、混合性症状または軽形成異常または症状の発生によって定義されるエピソード的気分症である。 これらのエピソードは、典型的には、うつ病エピソードまたは抑うつ症状の期間を有するこれらの障害の経過にわたって交互に現れる。

3.1.1 Bipolar type I disorder 双極症 I 型
説明
双極症I型は、1つまたは複数の躁病または混合エピソードの発生によって定義されるエピソード的気分症である。躁病エピソードは、高揚感、過敏性、または膨張性を特徴とする治療介入および急速または圧迫などの他の特徴的な症状を伴う活動の増加または主観的なエネルギー体験によって短縮されない限り、少なくとも1週間続く極度の気分状態であるアイデアの飛行、自尊感情や壮大さの増加、睡眠の必要性の減少、注意散漫性、衝動的または無謀な行動、および様々な気分状態(すなわち、気分不安定性)間の急速な変化。混合エピソードは、少なくとも2週間の期間中、ほとんどの日に顕著な躁うつ病と抑うつ症状の混合または非常に急速な変化のいずれかによって特徴付けられる。診断は、単一の躁症状または混合エピソードの証拠に基づいて行うことができるが、典型的には、躁病または混合エピソードは、症状の経過におけるうつ病エピソードと交互になる。

3.1.2 Bipolar type II disorder 双極症 II 型
説明
双極症II型は、1つ以上の軽躁エピソードおよび少なくとも1つのうつ病エピソードの発生によって定義されるエピソード的気分症である。 躁状態のエピソードは、誇大妄想、過敏性、または膨張性、過剰な精神運動の活性化、または壮大さ、睡眠の必要性の減少、発語の圧迫、思考の飛び散り、散漫性、衝動性などの他の特徴的な症状を伴う、または少なくとも数日間持続する無謀な行動。この症状は、個人の典型的な行動からの変化を表し、機能上の著しい障害を引き起こすほど深刻ではない。うつ状態のエピソードは、ほとんど毎日うつ病気分または少なくとも2週間持続する活動に関心が低下していることを特徴とし、食欲または睡眠の変化、精神運動の興奮または遅滞、疲労感、無益または過度または不適切な罪悪感、感情や絶望、集中困難、自殺傾向などがあります。躁病や混合エピソードの歴史はありません。

3.1.3 Cyclothymic disorder 気分循環症
説明
気分循環症は、数多くの軽躁病(例えば、陶酔感、過敏症、または精神運動の活性化)およびうつ病(例えば、気分の悪化、活動への関心の低下、睡眠不足など)を伴う少なくとも2年間の気分の不安定な不安定を特徴とする。疲労)症状は、より多くの時間の間に存在しています。軽躁症の症状は、軽躁病エピソードの完全な定義要件(双極症II型を参照)を満たすために十分に重症または延長されているかもしれないが、躁病または混合エピソードの病歴はない(双極症I型参照)。抑うつ症状は、抑うつ症状(双極症II型参照)の診断要件を満たすために、十分に重症または長期に亘ったことはない。症状は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらす。
インクルーシブ
循環気質人格
循環気質
3.1.4 Other specified bipolar or related disorders 双極症または関連症、他の特定される
3.1.5 Bipolar or related disorders, unspecified 双極症または関連症、特定不能


3.2 Depressive disorders 抑うつ症群
説明
抑うつ症群は、うつ病気分(例えば、悲しい、過敏、空)または喜びの喪失を特徴とし、他の認知行動、または神経興奮症状を伴い、機能する能力に有意に影響を及ぼす。 うつ病性症は、双極症の存在を示唆する躁病、混合性または軽躁症のエピソードを経験したことのある人では診断されるべきではない。
その他のコード化
月経前不快気分症(GA34.41)

3.2.1 Single episode depressive disorder 単一エピソードうつ病
説明
単一エピソードうつ病は、以前の抑うつエピソードの既往歴がない場合に、1つの抑うつエピソードの存在または履歴を特徴とする。 うつ病エピソードは、集中困難、無力感または過度または不適切な罪悪感、絶望感、死または自殺の再発の考えなど、他の症状を伴う少なくとも2週間持続する活動にほとんど毎日落ち込んだ気分または活動の低下を特徴とする。 食欲または睡眠の変化、精神運動の興奮または遅滞、およびエネルギーまたは疲労の減少。 双極症の存在を示唆する以前の躁病、うつ病、または混合エピソードは一度もなかった。
除外
反復性うつ病(6A71)
調整症(6B43)
双極症または関連症(6A60-6A6Z)

3.2.2 Recurrent depressive disorder 反復性うつ病
説明
反復性うつ病は、気分症を起こすことなく少なくとも数ヶ月間隔てられた既往歴または少なくとも2つのうつ病エピソードを特徴とする。うつ病エピソードは、集中困難、無力感または過度または不適切な罪悪感、絶望感、死や自殺について考える、食欲または睡眠の変化、精神運動の興奮または遅滞、およびエネルギーまたは疲労のが減少などの症状を伴い、ほとんど毎日落ち込んだ気分または活動の低下が、少なくとも2週間持続することを特徴とする。これまでに双極症の存在を示唆する過去の躁病、うつ病、または混合エピソードは一度もなかった。
インクルーシブ
季節性うつ病
除外
調整症(6B43)
双極症または関連症(6A60-6A6Z)
単一エピソード抑うつ症(6A70)

3.2.3 Dysthymic disorder 気分変調症

説明
気分変調性症は、1日の大部分において持続的な抑うつ気分(すなわち、2年以上続く)が、そうでない日よりも多くの日数を特徴とする。小児および青年期のうつ状態は、広範囲にわたる過敏症として現れる可能性があります。抑うつ気分には、更に関心や活動の喜びを著しい減少、集中力や注意力の低下、自己価値の低下、過度のまたは不適切な罪悪感、将来についての絶望感、睡眠症または睡眠の増加、食欲の減少または増加、または低エネルギーまたは疲労のような症状を伴います。


障害の最初の2年間に、症状の数と持続時間がうつ病エピソードの診断要件を満たすのに十分であった2週間の期間はなかった。躁病、混合、または軽躁病エピソードの歴史はありません。
インクルーシブ
気分変調
除外
不安うつ病(軽度または持続性)(6A73)

3.2.4 Mixed depressive and anxiety disorder 混合抑うつ不安症
説明
混合うつ病および不安症は、不安およびうつ病の症状が2週間以上持続しない場合より多くの日数で特徴付けられる。 別々に考慮される症候群は、抑うつ症状、気分変調、または不安および恐怖関連症の診断を正当化するのに十分に重度であり、数多く、または永続的ではない。 うつ状態または活動への関心の低下は、追加のうつ症状および不安の複数の症状を伴って存在しなければならない。 症状は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらす。 双極症の存在を示唆する以前の躁病、うつ病、または混合エピソードは一度もなかった。

3.3 Other specified mood disorders 気分症、他の特定される
説明
これらのカテゴリーは、単一エピソード抑うつ症、再発性抑うつ症、双極症I型、または双極症II型の状況における気分エピソードの提示および特徴を記述するために適用することができる。これらのカテゴリは、臨床プレゼンテーションの特定の重要な特徴、または気分エピソードの経過、発症およびパターンの存在を示す。これらのカテゴリは相互に排他的ではなく、適用されるものとして追加されることがあります。
その他のコード化
精神病症状のない妊娠、出産および子宮内膜に関連する精神または行動障害(6E20)
精神病症状を伴う妊娠、出産または産褥に関連する精神または行動障害(6E21)
コーディングノート
これらのカテゴリは、プライマリコーディングでは使用しないでください。気分症における気分エピソードの特定の臨床的に重要な特徴を特定することが望まれる場合、そのコードは補足的または追加的なコードとして使用するために提供される。
・・・6A80.0気分エピソードにおける顕著な不安症状
説明
現在のうつ病、躁病、混合性または軽躁性のエピソード、顕著かつ臨床的に重要な不安症状(例えば、緊張感、不安感または縁起感、心配を抑制できないこと、恐ろしいことが起こる恐れ、 リラクゼーション、運動緊張、自律神経症状)は、過去2週間のほとんどの時間にわたって存在していた。 現在のうつ病または混合エピソードの間にパニック発作があった場合、これらは別々に記録する必要があります。 気分症および不安または恐怖関連症の両方に対する診断要件が満たされる場合、不安または恐怖関連症も診断されるべきである。

・・・6A80.1気分のエピソードにおけるパニック発作
説明
現在の気分エピソード(躁うつ病、うつ病、混合、軽躁)の状況では、不安を誘発する認知症に特異的に反応して過去1ヶ月間に繰り返されるパニック発作(すなわち少なくとも2回)がある 気分エピソード。 パニック発作がこのような考えにのみ反応して発生する場合、パニック発作の追加的な同時発生診断を割り当てるのではなく、この予兆を使用してパニック発作を記録する必要があります。 抑うつまたは混合エピソードの間にいくつかのパニック発作が予期せず、抑うつまたは不安を誘発する考えにのみ反応していない場合、パニック症の別個の診断が割り当てられるべきである。
除外
パニック症(6B01)

・・・6A80.2現在の抑うつ状態のエピソード
説明
うつ病エピソードの診断要件は現在満たされており、少なくとも過去2年間は継続的に満たされている。

・・・6A80.3現在のうつ病エピソードとメランコリア
説明
現在のうつ病エピソードの文脈では、過去1ヶ月以内の最悪期間に、以下の症状のいくつかが存在していた。すなわち、個人にとって通常楽しむことができるほとんどの活動(すなわち全身性麻痺)における興味の欠如または喜び。 (すなわち、気分が暴露によって一時的にさえも上昇しない)ために感情的反応性の欠如; (すなわち、通常の時間の2時間以上前に覚醒する)。 抑うつ症状は午前中に悪化する。 顕著な精神運動遅延または激越; 食欲の著しい喪失または体重の減少。

・・・6A80.4気分エピソード発症の季節パターン
説明
再発性抑うつ症、双極性I型または双極症II型との関連で、少なくとも1つのタイプのエピソード(すなわち、うつ病、躁病、混合性または軽躁性エピソード)の発症および寛解の規則的な季節パターンがあり、 関連する気分エピソードの大部分は季節パターンに対応する。 (双極性I型および双極症II型では、すべてのタイプの気分エピソードはこのパターンに従わないことがある)。季節パターンは、特定の季節に偶然であるが、主として定期的に発生する心理的ストレス要因に関連するエピソードとは区別されるべきである。 その時期(例えば、季節失業)。

・・・6A80.5ラピッドサイクリング
説明
双極性I型または双極症II型の文脈では、過去12ヶ月間に高頻度の気分エピソード(少なくとも4つ)があった。 1つの気分の極性から別の気分に切り替えることができ、または気分のエピソードを寛解期間によって画定することができる。 気分のエピソードの頻度が高い人では、バイポーラタイプIまたは双極症II型で通常観察される期間よりも短い期間がある場合があります。 特に、うつ病の期間は数日間続くことがあります。 抑うつ症状および躁症状が非常に急速に(すなわち、毎日または同じ日以内に)交替すれば、混合エピソードは急速なサイクリングではなく診断されるべきである。

投稿者: 西川公平
2018-06-19 19:56
カテゴリー: 雑談

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。