うつ病

行動のモニタリング

行動の活性化において「行動のモニタリング」をする必要があることは前述の通りです。

行動のモニタリングはそれだけでとても強い治療的な作用をもたらします。
一般的な事でいえばタイムカードやレコーディングダイエットなどでもその効果は発揮されています。
これは、特にうつ病に限ったことではなく、禁煙、生活習慣病指導、etc.あらゆる生活の困りごとで使用できるものです。

中には、一日を気分よく過ごすための「カギとなる行動」などをお持ちの方がいて、そのようなものがあれば、それを観察してもらい活性化することで、全体的な活性化を測れます。
逆に、「これができないと一日中やる気が起こらない」というネガティブなカギもあります。具体的には朝起きてからパジャマから着替えないと、何一つやる気が起こらないなどがあります。

そのようなキーワードならぬ、キー行動を発見するためには、まずは全体的な日常生活の行動を観察する必要があります。

日常記録観察表や、生活目標カレンダーや、ぐずぐず主義克服シートなどは、それぞれの目標にしたがって、ある決められた枠組みで行動をモニターし、活性化するため用いられています。

各カウンセリングルームのご案内

滋賀のカウンセリングルーム

滋賀県の方は彦根はもとより、近江八幡、東近江、米原、長浜、草津、栗東、水口などからもお越し頂いています。

福井のカウンセリングルーム

福井県の方は福井市はもとより、嶺北の勝山、大野、三国、越前、鯖江、敦賀、遠くは金沢、富山からもお越し頂いています。

狛江のカウンセリングルーム

狛江のカウンセリングルームは、新宿から小田急線で一本です。多摩、調布あたりからも、武蔵、横浜あたりからもお越しになっています