うつ病

うつ病への認知行動療法

うつ病への認知行動療法には大きく分けて二つの流れがあります。
それはそもそも認知行動療法の二つの流れといってもよい、行動療法的なアプローチと認知療法的なアプローチです。

うつ病への行動療法的なアプローチとして「行動活性化技法」があります。

うつ病への認知療法的なアプローチとして「認知再構成法」があります。

これらをうつで困っている人々のそれぞれの状態、状況に合わせて組み合わせて使用していくことが回復のカギになります。

各カウンセリングルームのご案内

滋賀のカウンセリングルーム

滋賀県の方は彦根はもとより、近江八幡、東近江、米原、長浜、草津、栗東、水口などからもお越し頂いています。

福井のカウンセリングルーム

福井県の方は福井市はもとより、嶺北の勝山、大野、三国、越前、鯖江、敦賀、遠くは金沢、富山からもお越し頂いています。

狛江のカウンセリングルーム

狛江のカウンセリングルームは、新宿から小田急線で一本です。多摩、調布あたりからも、武蔵、横浜あたりからもお越しになっています