このエントリーをはてなブックマークに追加

第17回 京都CBTセンター研修会 【認知行動療法ワークショップ】依存と性加害予防支援のイマ

視聴終了日:2021年07月24日 10:00〜16:00
会場:オンライン
講師:岩野卓 先生
定員:10000人
参加資格:有職専門家、大学院生
依存と性加害支援のイマ
オンライン、録画視聴、臨床心理士ポイント申請予定(録画視聴のみの方も可)


【第一部】知らないと困る!?依存臨床アップデート
ゲーム依存、ギャンブル依存、スマホ依存など依存と一言で言い合わらせないほどに数多くの依存にお困りの方がいます。本セミナーでは依存を専門とされる岩野先生より、さまざまな依存や嗜癖の理解と支援法についてお伝えする予定です。「わかっちゃいるけどやめられない」をどう扱うと良いのか一緒に学んでみませんか。

【講師】
・岩野 卓 先生(大分大学)
・青木 俊太郎 先生(福島県立医科大学) サポート

【第二部】性加害予防支援プログラムの実際
京都CBTセンターにおける性的逸脱行動などの支援プログラムと実際の運用についてご紹介します。

【講師】
・料崎 智秀(京都CBTセンター)
・岡村 優希(京都CBTセンター)

【岩野先生の経歴】
2009~2014年、北仁会旭山病院(依存症治療拠点機関)臨床心理室にて依存症治療に従事(常勤)
2013年、第35回日本アルコール関連問題学会第2回小杉好弘記念賞受賞
2016年~現在、至誠会帆秋病院(アルコール依存症専門医療機関)臨床心理室にてアルコール依存治療プログラム開発・実施(非常勤)
2016年~現在、大分県アディクションフォーラム実行委員会メンバー(当事者グループの活動の支援)
2017~2019年、厚生労働省科学研究費時助成金若手研究B「治療経験のないスタッフでも実施可能なアルコール依存の治療プログラムの開発」
2019年、AA大分地区オープン・スピーカーズ・ミーティング講師
2020年、大分県こころとからだの相談支援センター(精神保健福祉センター)主催「令和2年度地域依存症研修会」講師
2020~現在、厚生労働省科学研究費時助成金若手研究「依存症の治療ドロップアウトに至る理論の構築と医療スタッフ教育プログラムの開発」代表研究者


【Live視聴】2021年7月24日(土)10時~16時
【録画視聴】2021年7月25日~8月25日

【対象】医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有職専門家(認知行動療法初心者の方でも歓迎です)、大学院生

【参加費】10,000円(税込み)

【主催】京都CBTセンター

問い合わせ
kyoto@cbtcenter.jp 担当:岡村

お申し込み方法

投稿者: 岡村優希
カテゴリー: 勉強会