第1回 「心の仕事のオンライン化を考える」オンライン談義

日時:2020年04月10日 18:30〜21:00
会場:WEB
話題提供者:小堀修、櫻本真理、田中恒彦、西川公平
参加資格:医療・保健・福祉・産業・教育・司法のこころに関する有職専門家またはそれらの学生
新型コロナウイルスに押されて考えてみると、我々のこころの仕事はソーシャル・ディスタンスが取りづらい仕事かもしれません。
正直、サイコ・ディスタンス(つまり転移と逆転移)について慎重に考えることはあっても、感染対策については無頓着でありました。

そこで、今回は「心の仕事のオンライン化を考える」オンライン談義第一弾として、ざっくばらんなパネルディスカッション&座談会を開催させてもらいたいと思います。

参加資格があるのは、医療・保健・福祉・産業・教育・司法のこころに関する有職専門家またはそれらの学生です。一般の方は受け付けておりませんので、ご了承ください。

パネラーは皆さんおなじみの、小堀修@国際医療福祉大学、櫻本真理@(株)Cotree、田中恒彦@新潟大学、西川公平@CBTセンター、司会は東畑開人@十文字学園女子大学です。(敬称略)

主催は社)CBTを学ぶ会、共催は㈱Cotreeです。
各パネラーから約15分のプレゼンテーションがあり、質疑があり、その後総合ディスカッションがあります。


そして、ここからが大事ですが、その後は噂のWEB飲み会が開催されます。
2時間ポッキリでお持ち帰りなし。費用は全額自分持ち。好きな飲み物とつまみをご用意ください。
このWEB飲み会は、根本的なところで、WEBカウンセリングと同じだと愚考しております。
no 飲み会 no WEBカウンセリング!
でもまあ、参加はご自由に。イッキもありません。

今回参加費は、新型コロナウイルス関連の口座に寄付して頂く形でお願いします。
下記の口座または、自分で見つけた別の寄付口座に一口3000円でいくらでも寄付してください。

認定特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
https://donation.yahoo.co.jp/detail/925039/?fbclid=IwAR3IXGGWvgeXRjvaFvfxz-bfk8h9cZUx0d28ivTNrm6Rj3TT06iPvX79AlM


ジャパンプラットホーム新型コロナウイルス対策緊急支援(寄付受付中)
https://www.japanplatform.org/programs/china-coronavirus2020/?fbclid=IwAR0KZ-eqygDzUGnvH00tpi5j_H9Tu8nqP-oDDpUegZzFYXZNYcTdMKRV3mQ


日程 
3月31日(木) 23:00- 申し込み受付開始
4月09日(木) -23:00 申込み受付終了

4月10日(金) 研修当日
18:30- パネルディスカッション
20:00- 総合ディスカッション
20:30- WEB飲み会

4月12日(日)録画視聴日
13:00- 視聴開始
23:00- 視聴終了
*飲み会は無礼講なので録画視聴できません。

【準備】
今回のWEB談義では、いろいろなWEBサービスに慣れてもらうため、あえて多種のサービスを用いています。
開き直って言えば、研修にたどり着き、質問を行い、飲み会城にたどり着くまでが実践ワークショップと言えるでしょう。
・談義はZOOMを用いて行います。あらかじめZOOMのインストールを行っておいてください。
https://zoom-japan.net/manual/

・質疑応答にはSlideというサービスを用います。Slideについてはこちらをご覧ください

・WEB飲み会はremoを用います。remoについて詳しくはこちらを御覧ください。
【申込み】
下記フォームに必要事項を入力して頂くと、上手くいけば自動返信メールが返ってきます。
入力内容を元に当方で審査を行いまして、有職の専門家(または学生)であると判断できました場合、参加できます。不明な場合は問い合わせさせて頂きます。
*多数の問い合わせを頂いていますが、学生とは「学問をする人」のことであり、大学・大学院に所属している人を指します。

このイベントはすべてZOOMを用いて行います。あらかじめZOOMのインストールを行っておいてください。
https://zoom-japan.net/manual/
この記事を編集