カウンセラーの施術経験

施術人数

一般市民向け、こころの電話相談
約500件
精神科・心療内科での心理療法施術
約500人
スクールカウンセリング(児童・思春期相談)
約100人
企業契約による、産業カウンセリング
約750人
開業してのカウンセリング
約450人
企業等研修回数
約250回
研修人数
約12000人

これまでカウンセリングした困りごとの種類

DSMーⅣのⅠ軸基準に基づく病名別

  • 気分障害(大うつ病性障害、気分変調性障害、双極性障害、非定型うつ病、etc.)
  • 不安障害(パニック障害、強迫性障害、社会不安障害(対人恐怖症)、全般性不安障害、etc.)
  • ストレス性疾患(ASD:急性ストレス障害、PTSD:心的外傷後ストレス障害、適応障害、etc.)
  • その他(統合失調症、広汎性発達障害、アスペルガー障害、摂食障害、アルコール依存症、etc.)

状況的な種類別

  • 学校での困り事(学校に行けない、朝行き渋る、夜尿、教室を飛び出す、etc.)
  • 職場での困り事(職場に行けない、やる気が起こらない、同僚にイライラする、苦手な同僚がいる、etc.)
  • 家庭での困り事(家でくつろげない、家族とケンカが絶えない、家族をを殴ってしまう、etc.)

状態的な種類別

  • 気になること(自分の身体の異変、キレイ/キタナイ、確か/不確か、誰にどう思われたか、etc.)が多すぎて大変
  • やる気が起こらない、仕事や家事や勉強が手につかない
  • 自分のコントロールが効かない(何かをやりすぎる、やらなさすぎるなど)