認知行動療法初学者研修

日時:
日増しに秋の訪れを感じる時候となりました。
さて、CBTセンターでは認知行動療法の普及を目的として、滋賀CBT研修会を開催します。
このたびは日本の認知療法のパイオニアであり、日本認知療法学会の事務局長でもある、鳴門教育大学の井上和臣先生に認知行動療法の基礎研修を開いていただきます。認知行動療法に興味があるが、どのように取り組み始めて良いかわからないという初学者に親切な内容となっています。
医療・教育・産業分野でメンタルヘルスサポートに取り組んでおられる方で、認知行動療法に興味のある方はふるってご参加下さい。
対象者さんの認知/行動的側面へのアプローチを考えておられる方で、「認知行動療法」の持つ知恵と手法をそれぞれの職場でどう活かせるのかを考え、実践していきたいという意欲的な方であれば、参加者の職種を問いません。
気軽にお問い合わせのうえ、是非ご参加ください。

講師略歴
井上和臣,いのうえ かずおみ
鳴門教育大学教育臨床講座教授
認知療法学会 事務局

京都府立医科大学を卒業後、ペンシルバニア大学認知療法センターに留学し、日本に認知療法をもたらした第一人者。現在は鳴門教育大学学校教育学部教授、認知療法学会事務局長として認知療法の普及に携わっている。主な著書に「認知療法への招待」、「認知療法ケースブック」、「認知療法・西から東へ」などがある。
この記事を編集