大野裕 認知行動療法の初級研修会 第二部

日時:2012年03月17日 18:00〜19:30
会場:フェリエ南草津
講師:大野裕先生(国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター所長)
認知行動療法の初級研修会です。
研修会は鳴門教育大学の井上和臣先生に 
研修会後の特別講演は国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター所長の大野裕に担当していただきます。

当センターは共催です
第一部:午後2時~5時(終了時間は延長の可能性があります)
座長:稲垣貴彦 (滋賀医科大学地域精神医療学講座)

認知行動療法初級ワークショップ (3時間)
講師:井上和臣 (鳴門教育大学 学校教育実践学専攻学校教育臨床連合講座)

認知行動療法の基礎と、クライエントを認知行動療法に導入する方法、具体的な治療の進め方、などについての講義・演習を行っていただきます。

第二部:午後6時~7時30分(予定)
座長:山田尚登 (滋賀医科大学精神医学講座・地域精神医療学講座)

特別講演 「日常臨床で用いる認知・行動療法のエッセンスについて」
講師 大野裕 (国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター所長)

定員100名

カウンセリング場面にかかわらず、一般診療、看護など、日常臨床の場面で活かす
認知行動療法の基礎的な考え方について講義をしていただきます。

第一部、第二部とも参加費は無料となっております(別途資料代として1000円を請求させていただきます)。多くの先生方のご参加をお待ちしております。
なお、本会は滋賀県うつ病医療体制強化事業として助成をいただいており、医療・福祉・メンタルヘルスに関わる事業に従事している者のみを対象とさせていただきます。



定員に達し次第締め切らせていただきます。
この記事を編集