陪席のシステム

認知行動療法(CBT)の施術について、教わりたい人はこちらのページをご覧ください。

来所して個人で陪席を受ける

CBTセンターでは陪席を受け付けています。
認知行動療法の施術について実際見てみたい有職専門家の方は、センターにお越しください。
特に希望するケースがあれば、そのようなケースがあるかの問い合わせも受け付けます。

CBTセンターで陪席する際には、あくまでクライアントの合意が必要です。
来ていただいても許可が出ない場合には陪席することができません。

陪席を受ける手順

1、メールや電話で問い合わせして、時間を予約する
2、CBTセンターに来所する
3、陪席する
4、陪席内容について、質疑応答

集団で陪席を受ける

CBTセンターでは年に数回陪席ワークショップを行っています。
その際は複数人が陪席に入ることになります。

陪席を依頼する

依頼者の所属の許可およびクライアントの許可を得た上で、実際の依頼者の認知行動療法の施術場面にお邪魔し、陪席することが出来ます。
陪席の後で面接で行っていた事について簡単なレクチャーもつきます。所属やクライアントが許可を出せば面接の最中にアドバイスをする事や、クライアントが良ければ一度交代して面接することも可能です。 アドバイスは認知行動療法に関するものや面接のクセや特徴、施術者の「カウンセリングや面接について作っているルール」をお伝えすることが多いです。
陪席料金と別に別途交通費や、遠隔地の場合には宿泊費も必要です。
詳しくはお問い合わせください。