自傷行為への対応

自傷行為への対応は、大きく分けて二つの方法があります。

一つは、直接的な方法です。
自傷行為そのものを減らすべく、自傷行為に注目しそれらを行いたい衝動やそれらに付随する認知や行動を扱ってゆきます。

もう一つは、間接的な方法です。
自傷行為そのものを扱わず、ストレスマネジメントや対人関係、抑うつ、不安などを扱ってゆきます。

二つの方法は相補的なものであり、両方を併用することもあります。

いずれにせよ、自傷行為と言うものがその人の生活の中でどのような機能を有しているのかという「機能分析」が重要なアセスメントになります。
同じ「リストカット」という行為でも、ある人のそれはただのクセであり、別の人のそれは自殺の手段であり、また違う人にとっては身近な人へのPRである事があります。
とくに後者の場合「自傷行為をしてはいけない」という言葉かけそのものが自傷行為の強化子になりえる点において、直接的な方法を取りづらくしている事があります。

各カウンセリングルームのご案内

滋賀のカウンセリングルーム

滋賀県の方は彦根はもとより、近江八幡、東近江、米原、長浜、草津、栗東、水口などからもお越し頂いています。

福井のカウンセリングルーム

福井県の方は福井市はもとより、嶺北の勝山、大野、三国、越前、鯖江、敦賀、遠くは金沢、富山からもお越し頂いています。

狛江のカウンセリングルーム

狛江のカウンセリングルームは、新宿から小田急線で一本です。多摩、調布あたりからも、武蔵、横浜あたりからもお越しになっています