自傷行為とは

自傷行為とは文字通り「自分を傷つける・害する行為」全般を指します。

最も良くあるのはリストカット、いわゆる手首を切るという行為です。腕を切ったり(アームカット)、その他身体の色々なところに傷をつけたりもします。
体を傷つける方法として、他にも煙草を押しつける、針で刺す、などもあります。

また、ヘッドバンギングといって、壁や床に頭を打ち付けるなども自傷行為です。自分で自分の事を殴るというのもあります。

わざと無茶食いする、食べないなどは摂食障害ですから、自傷行為とは言いません。

一方で、爪を噛んで深爪をする、抜毛、指のサカムケをむしるなどは、自傷行為と言うより強迫行為の一種に近いです。

ボディーピアスやタトゥーなどは趣味や嗜癖の領域と言えるでしょう。

CBTセンターへのお問い合わせ

ご予約は電話またはメールにてお問い合わせください。

0749-24-5689(代表)

予約・変更ダイヤルです。
070-5508-5568(代表)

*担当カウンセラーは選べません。
*初回以後の連絡については担当カウンセラーに直接お電話下さい。

E-mail

注:電話カウンセリングやメールカウンセリングなどのサービスは行っていません。
ただし初めての方で「私の抱えている問題はカウンセリングの適応があるか?」のようなお問い合わせには対応させてもらいます。