広汎性発達障害に対する認知行動療法

広汎性発達障害に対する認知行動療法は、現在のところ確立したものではありません。
ただし、認知行動療法がそもそも持っている方法論であるところの、「わかりやすい」、「構造化された」、「視覚的な」、「段階的な」というやり方が、広汎性発達障害にお悩みの方々にとっても非常に役に立つという感じがあります。

現在、広汎性発達障害の「広汎性」は限りなく引き伸ばされつつあります。定型発達から非定型発達までの連続性(Spectrum)や、広義・中間的なbroad phenotypeという概念が提唱されてきています。

セラピーにおいて注意されるべき点は、暗黙知に頼り過ぎない点や、共同経験主義を意識しすぎて曖昧なサジェスチョンを与えることを避けることです。

各カウンセリングルームのご案内

滋賀のカウンセリングルーム

滋賀県の方は彦根はもとより、近江八幡、東近江、米原、長浜、草津、栗東、水口などからもお越し頂いています。

福井のカウンセリングルーム

福井県の方は福井市はもとより、嶺北の勝山、大野、三国、越前、鯖江、敦賀、遠くは金沢、富山からもお越し頂いています。

狛江のカウンセリングルーム

狛江のカウンセリングルームは、新宿から小田急線で一本です。多摩、調布あたりからも、武蔵、横浜あたりからもお越しになっています