うつ病の身体、気分

身体に現れるうつ状態

うつ状態では、さまざまな身体症状が出現します。実に多彩な症状が出るので、うつ状態で出ない症状を探した方が少ないぐらいです。
以下に色々な身体症状を挙げてみます。
 
睡眠の問題、眠れない(寝付けない、途中で目が覚める、朝早く目が覚める)、寝すぎる身体が痛い(頭が痛い、お腹が痛い、首が痛い、肩がこる、背中が痛い、腰が痛い、手足が痛い)食事、消化器の問題(食欲がない、食欲がありすぎる、胸やけがする、便秘、下痢)身体違和感がある(頭が重い、後頭部に違和感がある、胸や胃の辺りの違和感、めまい、ふらふらする、くらくらする)免疫系(微熱が続く、すぐ体調を崩す、風邪が治りにくい)その他、疲れやすい、だるい、やる気が起こらない、など

さまざまな悩みが実はうつから来る事もあると分かっていただけますでしょうか?
うつ病は特に痛みに対して敏感になる(閾値が下がる)病気です。もともと身体的にどこか痛い箇所があれば、それらの部分は一層痛いと感じるでしょう。

うつ状態の診療科
うつ病やうつ状態であれば、精神科や心療内科の診療科になります。
しかし、上記のように身体的なトラブルが多いことから、内科や整形外科、耳鼻科、胃腸器科などにまず受診する事がほとんどです。
それらの診療科で検査を行い、データ的な検査異常がでて、それらの程度が症状と一致している時には身体疾患として治療を行いましょう。
しかし、検査的な異常がない場合、(たとえば胃カメラを飲んでも炎症反応が存在せず、機能性胃腸障害などと言われている)、こころのお医者さんを訊ねましょう。
胃腸が悪くないのに胃薬を飲む事は、胃痛を治すどころか身体に害があることです。

気分・感情からみるうつ状態
うつ状態になると様々なネガティブな気分・感情が出現します。
以下に代表的なネガティブな気分をあげてみます。

おっくう、面倒くさい、嫌だ、不安、緊張、恐怖、恥かしい、怒り、イライラ、もどかしい、悲しい、落ち込み、がっかり、劣等感、情けない、絶望、辛い、切ない、やるせない、焦り、混乱、パニック、罪悪感、後悔、無念、驚き、ショック、あきらめ、軽蔑、憎しみ、恨み、嫌悪、嫉妬、不満、不信感、意地になる、可哀そう、

これらの気分や感情が突然溢れ出すという現象も起こります(感情失禁)。
この状態では涙が止まらなくなったり、とつぜん怒鳴ったり、がまん(抑制)が取れてしまいます。

また、逆に(ポジティブな)気分の消失という症状も出ます。
嬉しいとか、楽しいとか、感動したとかそれらのポジティブな気持ちを全く感じなくなったり、これまで興味をもてていたものに関心を払わなくなったり、気持ちそのものを感じなく平坦になったりもします。



各カウンセリングルームのご案内

滋賀のカウンセリングルーム

滋賀県の方は彦根はもとより、近江八幡、東近江、米原、長浜、草津、栗東、水口などからもお越し頂いています。

福井のカウンセリングルーム

福井県の方は福井市はもとより、嶺北の勝山、大野、三国、越前、鯖江、敦賀、遠くは金沢、富山からもお越し頂いています。

狛江のカウンセリングルーム

狛江のカウンセリングルームは、新宿から小田急線で一本です。多摩、調布あたりからも、武蔵、横浜あたりからもお越しになっています