2018/06/29: 8 Feeding or eating disorders 8食行動症または摂食症群

説明
栄養摂取および摂食症は、他の体調不良によって説明されるものでなく、その摂食行動は発達的に適切ではなく、文化的に容認されないようなものである。栄養摂取症には、体重や形状の問題、例えば食べ物でないものを食べたり食べた物を自分で吐いたりなどに関係しない行動障害が含まれる。摂食症には、異常な摂食行動および食物の摂取ならびに著しい体重および形状の懸念が含まれる。

8.1 Anorexia Nervosa 神経性やせ症<神経性無食欲症>
神経性やせ症は、本人の身長、年齢、発達段階に比して著しく低い体重(体重指数(BMI)が成人で18.5kg / m2未満で、BMIが小児および青年で5パーセンタイル未満)であることに特徴づけられる。低体重は別の健康状態または食物の入手不能によるものではない。
低体重は、正常な体重の回復を防ぐための行動の持続的なパターン、すなわち
エネルギー摂取量の削減(制限食)を目的とした行動、パージ行動(例えば、自己誘発性嘔吐、下剤の誤用)、エネルギー消費(例えば、過度の運動)を増加させることを目的とした行動を伴い、典型的には体重増加の恐れが伴う。
低体重であることや痩せ体型は、他人が自分を評価する中心的ポイントであるとか、これで正常なのだあるいはまだ過剰なのだと不正確に認識される。

8.2 Bulimia Nervosa 神経性過食<大食>症
説明
神経性過食<大食>症は、頻繁な、反復的な過食のエピソード(例えば、少なくとも1ヶ月の期間にわたって1週間に1回以上)を特徴とする。 むちゃ食いエピソード中には、食べることに対する主観的なコントロールの喪失体験、特に通常の摂食よりもとりわけ多くのいつもと違うものを食べる体験、摂食を中止したり食べる種類や量を制限できないと感じる体験をする。
個人は、自己評価に強く影響する体の形や体重に没頭している。 個体は著しく体重が減少していないので、拒食症の診断要件を満たさない。

8.3 Binge eating disorder むちゃ食い症<過食性障害>
説明
むちゃ食い症は、頻繁に繰り返される過食(例えば、数ヶ月の期間にわたって1週間に1回以上)のエピソードによって特徴付けられる。むちゃ食いエピソード中には、食べることに対する主観的なコントロールの喪失体験、特に通常の摂食よりもとりわけ多くのいつもと違うものを食べる体験、摂食を中止したり食べる種類や量を制限できないと感じる体験をする。過食は非常に悲惨なものとして経験され、しばしば罪悪感や嫌悪感などの否定的な感情を伴います。 しかし、過食症のように、過食症のエピソードには、定期的に体重増加を予防するための不適切な代償行動(例えば、自己誘発性嘔吐、下剤または浣腸の誤用、激しい運動)が続くことはない。
除外
神経性過食症(6B81)

8.4 Avoidant-restrictive food intake disorder 回避・制限性食物摂取症
説明
回避・制限性食物摂取症(ARFID)は、異常な食事であったり、不十分な量の摂取をもたらす摂食行動であったり、適切にエネルギーや栄養を摂取するために様々な食べ物を食べることの異常であったりに特徴づけられる
制限された食事のパターンは、重大な体重減少を引き起こし、小児期または妊娠期に予想される体重増加に失敗し、臨床的に重要な栄養欠乏症となり、経口栄養補給剤または管栄養剤への依存を起こしと、個人の健康に悪影響や重大な機能障害を引き起こしている。
食生活のパターンは、体重や形状に関する懸念を反映していません。制限された食物摂取量および体重、その他の健康状態、または機能に及ぼす影響は、食物の利用可能性の欠如、投薬または物質の影響、または別の健康状態によってよりよく説明されない。
除外
神経性無食欲症(6B80)
乳幼児の摂食問題(MG43.30)
新生児(KD32)の摂食問題

8.5 Pica 異食症
説明
異食症は、食べ物かそうで無いかの判別がついて然るべき年齢においても、食品以外の物や材料(例えば、粘土、土壌、チョーク、プラスター、プラスチック、金属および紙)、分解することが難しいような食べ物の材料(例えば、大量の塩またはコーンフラワー)などを、臨床上注意を必要とするほど定期的に摂食することに特徴づけられる
すなわち、この行動は、摂取された物質または物体の頻度、量または性質に起因して、健康、機能障害、または重大な危険に冒される。

8.6 Rumination-regurgitation disorder 反芻・吐き戻し症
説明
反芻・吐き戻し症は、以前に飲み込まれた食物を口に戻す意図的で繰り返し繰り返されることによって特徴付けられ、再咀嚼および再飲み(すなわち、反芻)または故意に吐き出される可能性がある( 嘔吐のようにではない)。 逆流現象は頻繁であり(少なくとも週に数回)、少なくとも数週間持続する。 逆流現象は、逆流を直接引き起こす(例えば、食道狭窄または食道機能に影響を及ぼす神経筋障害などの)別の健康状態、または吐き気または嘔吐(例えば、幽門狭窄症)を引き起こす他の健康状態によって完全に説明されていない。 反芻・吐き戻し症は、発達年齢が少なくとも2年に達した個体においてのみ診断されるべきである。
除外
成人退治症候群(DD90.6)
吐き気または嘔吐(MD90)

8.7 Other specified feeding or eating disorders 食行動症または摂食症、他の特定される
8.8 Feeding or eating disorders, unspecified 食行動症または摂食症、特定不能


投稿者: 西川公平
2018-06-29 14:58
カテゴリー: 疫学・統計

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。