2018/06/25: 6 Disorders specifically associated with stress 6ストレス関連症群 ICD-11

説明
ストレス関連症群は、ストレスまたは外傷性イベントへの曝露、またはそのような一連のイベントまたは有害な経験に直接関連する。このグループの障害のそれぞれについて、それを引き起こしたとみなせるストレス因が必要であるものの、因果関係としてみなすことは不十分である。ある一定のストレス因に曝された全員が発症するわけではないが、このグループの障害はストレッサーを経験することなく生じなかったであろう。
このグループのいくつかの障害のストレスイベントは、通常の生活経験(例えば、離婚、社会経済的問題、死別)の範囲内にある。他の障害は、非常に脅威的または恐ろしい性質(すなわち、恐らく外傷性事象)のストレス因を必要とする。このグループのすべての障害では、障害を区別するストレスのある出来事(関連する機能障害を伴う)に応じて生じる症状の性質、パターン、および持続期間です。
除外
バーンアウト(QD85)
急性ストレス反応(QE84)




6.1 Post-traumatic stress disorder 心的外傷後ストレス症
説明
心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、以下のすべてを特徴とする非常に脅威的または恐ろしい事象または一連の事象への曝露後に発生する症候群である:
1)激しい侵入的記憶、フラッシュバック、または悪夢の形で、現在の外傷性の出来事または事象を再体験する。そこにはは恐怖や恐怖や強烈な肉体的感覚などの強くて圧倒的な感情や、外傷的な出来事の間に経験したのと同じ強烈な感情に圧倒されたり、没頭したりする気持ちが伴う。
2)トラウマイベントの思考および記憶の回避、またはトラウマイベントを連想させる活動、状況、または人々の回避。
3)予期せぬ騒音のような刺激に対する敏感な反応または覚醒反応の亢進によって示されるような、現在の脅威の高まりに対する持続的な認識。
症状は少なくとも数週間は持続しなければならず、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において著しい障害を引き起こす。
インクルーシブ
外傷性神経症
除外
急性ストレス反応(QE84)
複雑な外傷後ストレス障害(6B41)

6.2 Complex post-traumatic stress disorder 複雑性心的外傷後ストレス症
説明
複雑性心的外傷後ストレス症(複雑性PTSD)は、エスケープが困難または不可能 (拷問、奴隷制、大量虐殺キャンペーン、家庭内暴力の長期化、小児期の性的または肉体的虐待の繰り返しなど)な非常に脅威的または恐ろしい性質の事態に、長期または反復的に暴露した後に発症する可能性がある障害である。


この疾患は、PTSDの中核症状によって特徴付けられる。つまり、PTSDのすべての診断要件は、障害の経過中のある時点で満たされています。
加えて、複合PTSDでは、1)情動調整における深刻で広範囲の問題;2)自分自身が矮小で、敗北したまたは無益なものであるという信念や、深く広範囲の恥の気持ちを伴い、外傷事象に関連する罪悪感または失敗;を抱いており、3)関係を維持したり、他人と親密になることの持続的な困難なども抱えている。
障害は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な障害を引き起こす。
除外
PTSD(6B40)

6.3 Prolonged grief disorder 遷延性悲嘆症
説明
遷延性悲嘆症は、パートナー、親、子供、または遺族に近い他の人が死亡した後に、強烈な感情的痛み (悲しみ、罪悪感、怒り、拒否、責任感、死の受け入れ難しさ、自己の一部分を失った感情、肯定的な気分を味わうことができない感情的な麻痺、社会的な活動など)を伴う、死者への持続的な思慕を特徴とする。
悲しみの応答は、損失後の非典型的な長期間(最低6ヶ月以上)持続し、個人の文化や文脈のための期待される社会的、文化的または宗教的規範をはるかに上回っています。人の文化的および宗教的状況を考慮して、悲嘆の規範的期間内にある長期間にわたって持続した悲嘆反応は、通常の死別反応とみなされ、診断が割り当てられません。
障害は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な障害を引き起こす。

6.4 Adjustment disorder 適応反応症
説明
適応反応症は、ストレッサーの1ヶ月以内に出現する識別可能な心理社会的ストレッサーまたは複数のストレス要因(例えば、離婚、病気または障害、社会経済的問題、家庭または職場における紛争)に対する不適応反応である。

この障害は、過度の心配、ストレス要因についての過度の心配、また同じことが起こるのではとかもっと酷いことになるのではと考えたり、それが含んでいる意味について何度も反駁したり、ストレス因を上手に処理できないと個人や家族にすごくまずいことが起こるんじゃないかと考えたりすることに特徴づけられる。症状は、別の精神および行動障害の診断を正当化するのに十分な特異性または重症度ではなく、典型的には6ヶ月以内に解決する。
除外
小児期の分離不安障害(6B05)
再発性うつ病(6A71)
単一エピソード抑うつ障害(6A70)
長期の悲嘆障害(6B42)
複雑ではない死別(QE62)
バーンアウト(QD85)
急性ストレス反応(QE84)

6.5 Reactive attachment disorder 反応性アタッチメント症
説明
反応性アタッチメント症は、幼児期における重大な不適切な育児行動(例えば、重度の無視、虐待、制度的貧困)の状況において発生する、幼児期における重大な異常な執着行動を特徴とする。適切なプライマリケア提供者が新たに利用可能であっても、子供は快適さ、サポート、育成のためにプライマリケア提供者に向かわず、大人に対するセキュリティを求める行動をめったに表示せず、快適さが提供されたときには応答しません。
反応性アタッチメント症は小児でしか診断できず、障害の特徴は生後5年以内に発症する。しかし、この障害は、1年(または発達年齢が9ヶ月未満)、選択的添付の能力が十分に発達しない場合、または自閉症スペクトラム障害の状況で診断することはできません。
除外
アスペルガー症候群(6A02)
幼児期の脱抑制性結合障害(6B45)

6.6 Disinhibited social engagement disorder 脱抑制性対人交流症
説明
脱抑制性対人交流症は、極めて異常な社会的行動やそれが著しく不十分な養育(例えば、重度の無視、制度的貧困)の歴史の中で起こってきていることに特徴づけられる。 子供は見境なく、無遠慮に大人に接近し、見知らぬ大人とでもどこにでも行ってしまい、よく知らない人にでもとても親密な行動を示す。 脱抑制性対人交流症は小児でしか診断できず、障害の特徴は生後5年以内に発症する。 しかし、この障害は、1歳(または発達年齢が9ヶ月未満)に満たない場合や、選択的なアタッチメントの能力が十分に発達しない場合や、または自閉症スペクトラム障害の状況では診断することはできません。
除外
アスペルガー症候群(6A02)
調整障害(6B43)
注意欠陥多動性障害(6A05)
幼児期の反応性付着障害(6B44)

6.7 Other specified disorders specifically associated with stressストレス関連症、他の特定される
6.8 Disorders specifically associated with stress, unspecified ストレス関連症、特定不能
6.9 Acute stress reaction 急性ストレス反応
説明
急性ストレス反応とは、(短期または長期のいずれか)非常に脅威的または恐ろしい性質のイベントまたは状況(例えば、自然災害または人為的災害、戦闘、重大な事故、性的暴力、暴行)にさらされた結果として、一過性の感情的、体性的、認知的、または行動的症状の発症をいう。
症状には、不安(例えば頻脈、発汗、潮紅)の自律神経兆候、幻覚、錯乱、悲しみ、不安、怒り、絶望、過活動、不活動、社会的撤退、または放心状態になることが含まれる。ストレッサーの重症度を考慮すると、ストレッサーへの反応は正常であると考えられ、通常、イベントの後数日以内に、または脅威的状況からの除去後に降下し始める。
インクルーシブ
急激な危機反応
ストレスに対する急性反応
除外
ポストトラウマストレス障害(6B40)

投稿者: 西川公平
2018-06-25 12:25
カテゴリー: 疫学・統計

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。