2018/06/19: 4 Anxiety or fear-related disorders 不安または恐怖関連症群 ICD-11

説明
不安および恐怖関連症は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的またはその他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらすほど深刻な症状を伴う、過度の恐怖および不安および関連する行動障害を特徴とする。恐怖と不安は密接に関連する現象です。恐怖とは現在の差し迫った脅威への反応を表しますが、不安は未来志向のものであり、予想される脅威と認識されています。不安および恐怖関連症の主要な差異化特徴は、不安の不安、すなわち恐怖または不安を引き起こす刺激または状況である。不安および恐怖関連症の臨床的提示は、典型的には、不安の焦点を明確にすることによって障害を区別するのを助けることができる特定の関連認知を含む。
その他のコード化
物質誘発性不安症()
低軟化異常(6B23)
二次性不安症候群(6E63)

4.1 Generalized anxiety disorder 全般不安症
説明
一般化された不安症は、一般的な不安(いわゆる「浮動性不安」)または複数の日常的な事象に重点を置いた過度の心配のいずれかによって示される、数ヶ月以上、少なくとも数ヶ月間持続する不安の著しい症状を特徴とする。筋緊張や運動不安、交感神経自律神経過活動、神経の主観的経験、集中力の維持困難、過敏症、睡眠症などの症状とともに、家族、健康、財政、学校、この症状は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらす。症状は別の健康状態の症状ではなく、中枢神経系への物質または薬物の影響によるものではありません。

4.2 Panic disorder パニック症
説明
パニック症は、特定の刺激または状況に限定されない予期せぬパニック発作が繰り返されることを特徴とする。 パニック発作は、いくつかの特徴的症状(例えば、動悸または心拍数の上昇、発汗、震え、息切れ、胸痛、めまいまたは軽快感、寒気、紅潮、差し迫った死の恐怖)の急速かつ同時発症を伴う激しい恐怖または不安の別個のエピソードである。さらに、パニック症は、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的、またはその他の重要な機能領域において重篤な障害をもたらすパニック発作の再発または意義、またはその再発を回避する行動に関する持続的な懸念が特徴である。症状は別の健康状態の症状ではなく、中枢神経系への物質または薬物の影響によるものではありません。
除外
パニック発作(MB23.H)

4.3 Agoraphobia 広場恐怖症
説明
広場恐怖症は、公共交通機関を使用したり、大勢の人の中にいたり、自宅の外に独りでいる(例えば、店舗、劇場、列に並ぶなど)場合など、逃げ帰るのが困難な場合やヘルプが利用できない複数の状況に対応して発生する著しい恐怖や不安が特徴です。 個々人は、特定の否定的結果(例えば、パニック発作、他の無力または恥ずかしい身体的症状)の恐怖のために、これらの状況について一貫して心配している。 状況は積極的に回避され、信頼できる同伴者の存在下などの特定の状況下でのみ入力されるか、あるいは激しい恐怖や不安に耐えられる。 症状は数ヶ月以上持続し、個人、家族、社会、教育、職業、またはその他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらすほど十分に深刻である。

4.4 Specific phobia 限局性恐怖症
説明
特定の恐怖症は、1つまたは複数の特定の物体または状況(例えば、特定の動物に接近、飛行、高さ、閉鎖された空間、血や傷を観る)にさらされたときに一貫して発生し、 実際の危険に比例している。 恐怖の物体や状況は避けられるか、強烈な恐れや不安で耐えられる。 症状は少なくとも数ヶ月間持続し、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらすほど十分に重篤である。
インクルーシブ
単純恐怖症
嫌悪感
閉所恐怖症
除外
身体異型症(6B21)
低軟化異常(6B23)

4.5 Social anxiety disorder 社交不安症
説明
社交不安症は、社会的相互作用(例えば、会話をする)、人に見られながらすること(例えば、飲食する)、または他者の前で行う(例えば、スピーチする)など、1つまたは複数の社会的状況において一貫して生じる顕著で過度の恐怖または不安を特徴とする。 個人は、他者が否定的に評価する方法で行動する、または不安症状を示すことを心配しています。 社会的状況は一貫して回避されるか、強烈な恐れや不安で耐えられる。 症状は少なくとも数ヶ月間持続し、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらすほど十分に重篤である。
インクルーシブ
対人恐怖症

4.6 Separation anxiety disorder 分離不安症
説明
分離不安症は、特定の愛着対象からの分離に関する著しい恐怖または不安を特徴とする。小児では、分離不安は通常、介護者、親または他の家族に焦点を当てています。成人の場合、通常はロマンチックなパートナーまたは子供です。分離不安の現れには、被害者の人格、学校への立ち退きや離職時の過度の苦痛、嫌悪感、離婚の拒否、分離に関する悪夢などが考えられる。症状は少なくとも数ヶ月間持続し、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な苦痛または重大な障害をもたらすほど十分に重篤である。
除外
気分[感情]症(6A60-6A8Z)
選択的変異(6B06)
社会的不安症(6B04)

4.7 Selective mutism 場面緘黙
説明
場面緘黙は、典型的には自宅での特定の社会的状況において、子供が適切な言語能力を発揮するように、一貫して話すことの選択性を特徴とするが、 外乱は少なくとも1ヶ月間持続し、学校の最初の1ヶ月に限定されず、教育的または職業的達成または社会的コミュニケーションを妨害するのに十分重大である。 発言の失敗は、社会的状況(例えば、自宅での学校とは異なる言語)で必要とされる話し言葉の知識や不足が原因ではない。
除外
統合失調症(6A20)
幼児の分離不安の一環としての一過性変異(6B05)
自閉症スペクトラム症(6A02)
4.8 Other specified anxiety and fear-related disorders 不安または恐怖関連症、他の特定される
4.9 Anxiety and fear-related disorders, unspecified 不安または恐怖関連症、特定不能


投稿者: 西川公平
2018-06-19 20:23
カテゴリー: 疫学・統計

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。