2007/08/11: 【不安・抑うつ】認知行動療法 3【自己治療】について その9

2ちゃんねるの認知行動療法関連スレについてあれこれつぶやく。現在625〜658まで

Q41,
自動思考
・馬鹿にした奴が許せない!
・馬鹿にされて凹んでる、弱い自分が許せない!

A41,
通りすがりの幼な子に「お前のかーちゃんでべそ」と言われてもあんまり怒る人がいないのは、その発言がどうでもよい相手からのどうでもよい発言だからです。もう少し自動思考に書き足らないところがあるとすれば、その出来事は「自分にとって何なのか、どんな意味を持つのか、周りからどうみなされているというのか、将来がどうなのか」のような、自分に嫌な気分を起こさせた『自分にまつわる思考』を探ることですね。自分を怒らせているのは状況と、その状況をどうとらえるかという自分の思考のクセの両方なのですから。


Q42,いや、まだ認知療法の練習を始めたばかりだ。いきなりうまくできなくてもしょうがない。そうだ、確かに俺は頭が良い方ではない。でも、認知療法の間違い一つで自分をアフォ呼ばわりするのは、悲しすぎる。
確かに残念ながら頭が良い方ではないかもしれない。でも、今までだって、すぐにできないことでも練習をすることによって可能にしてきたじゃないか。少しずつ身に付けていければいいんだ。
これじゃぁ、なんか自分の犯した間違いに対して、言い訳してるだけのような気がします。難しいっすね…   
A42,逆パターン、つまり自動思考側を取りあえず書いてみれば?
すなわち「認知療法のごときは練習を始めた初期から、完全に理解して全く間違いなくスラスラと進んでゆき、見る見るうちにウツが治るのが人間として当然で、そうでない私は思考力も、読解力も、文章力も、集中力も、判断力も、何一つない、完全無欠の無能力者だ」
作った反論に違和感を感じるのでしょうが、この自動思考もやはり違和感を感じられると思います。その二つを折衷して合理的思考を作ってみてください。

Q43,
私はどうも自分がどういう自動思考に囚われているのかを捕まえるのが下手みたいなんです。トリプルカラムをやっていても自動思考を見つけだす所でいつでも詰まってしまって
なんども「嫌な気分よ〜」を読み返しています。(;´Д`)

A43,
ある種の人々は自動思考を考えるのが嫌で、先に自動的反論を行うというパターンを持っています。そんな方々は四つのコラムをすると、自動思考は浮かばないんだけど反論がいっぱい出てくるので、その反論から翻って自分がどんな自動思考を考えて、かつ見ないようにしたのかがわかるといった次第です。

Q44,
漏れはむしろ自動思考は見つけやすい(と自分では思ってる)けど合理的思考がどうも胡散臭くなってしまってなかなか上手くいきません
先は長いや・・・

A44,
合理的思考が胡散臭いのは、自動思考の成分を無視しているからです。自動思考もまたあなたの考えとして浮かんだある種の事実ですから、その事実を無視して打ち消さずに受け入れるようにしましょう。
たとえば
自動思考「馬鹿にされた。あんなくだらない奴にそんなこと言われる筋合いがない」
合理的思考「馬鹿の言うことだからいちいち気にするな」
となっていると、それは合理的思考ではなく、反論です。それは自分の腑に落ちることがないでしょう。
自動思考「馬鹿にされた。あんなくだらない奴にそんなこと言われる筋合いがない」
反論「馬鹿の言うことだからいちいち気にするな」
合理的思考「言った奴がそんなに大した奴じゃないってことは分かっているんだが、それでもあんなことを言われるとムッとする」とか「あんなひどいことを言われる筋合いはないんだけれども、言った奴が言った奴だけに気にしない方が得だと思う。でもやっぱり多少は気にしちゃう」
などが合理的思考です。

Q45,
「何とかして自分の考えや気持ちを正確に人に伝えたい」が根底にあるのはわかっています。これ自体が何かおかしいのか、自分の書き方がおかしいために達成されないのか、
という疑問が最近とみに強くなってきています。(上手く伝えられなかったために人と揉めたので・・)
いろいろ感じたことをノートするのはできるんですが、どうして人と上手くコミュニケーションを取れないのかと自分を責める気持ちをどう処理したらいいのかよくわからなくて苦労している所なんです。
A45,
不安なんですね。不安に対してはエクスポージャーが有効です。相手にわざとおかしな文章やおかしな発言でコミュニケーションをとってみて、何が起こるのか観察してみましょう。「ありがとうごじゃいました」とか、「夏なのに春の季語で文章を書きだす」とか、相手が思わず失笑するレベルのまずいコミュニケーションをとってみて、そのとき起こる自分の思考や感情、および相手の反応を観察してみましょう。
投稿者: 西川公平
2007-08-11 10:52
カテゴリー: 2ちゃんねる

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。