04/21: 認知行動療法とブリーフセラピーの接点

本に寄稿しましたので、ご報告します。

認知行動療法とブリーフセラピーの接点
津川秀夫 大野裕史
日本評論社
売り上げランキング: 12,114


津川 秀夫・大野 裕史 編著

ISBNコード978-4-535-98392-2  発刊日:2014.04(上旬刊)
判型:A5 ページ数:240ページ

定価:税込み 2,592円(本体価格 2,400円)
在庫があります。ショッピングカートがご利用になれます。 カートに入れる




両アプローチの比較や実践家同士のやりとりをとおして、自身の“メガネ”を意識してみよう。新たな臨床のヒントが見えてくるから。




はじめに……………………………………………………………津川秀夫

1 理論

 1.CBTのものの見方 …………………………………………鈴木伸一
   ――アセスメントと介入を支える視点

 2.ブリーフセラピーのものの見方…………………………津川秀夫
   ――アセスメントと介入を支える視点

 3.ブリーフセラピーのエビデンス………………………鈴木俊太郎

 4.CBTとブリーフセラピーの類似点・相違点 ……………大野裕史

2 CBTとブリーフセラピーの接点

 1.「セラピーに大切なことの多くはブリーフから学んだ」
   つもりのCBTセラピスト …………………………………神村栄一

 2.ブリーフはスキナリアンにもフィットする……………大野裕史

 3.ずるいほどに催眠的ACT …………………………………岡嶋美代

 4.ブリーフ的CBTまたはCBT的ブリーフ…………………菊池安希子

 5.4名の実践家の話をうけて………………………………森 俊夫

3 事例

 1.解決志向ブリーフセラピー
   事例…………………………………………………………黒沢幸子
   事例へのコメント…………………………………………伊藤絵美
   リコメント…………………………………………………黒沢幸子

 2.エリクソニアン・アプローチ
   事例…………………………………………………………津川秀夫
   事例へのコメント…………………………………………嶋田洋徳
   リコメント…………………………………………………津川秀夫

 3.ナラティヴセラピー
   事例………………………………………………………坂本真佐哉
   事例へのコメント…………………………………………大野裕史
   リコメント………………………………………………坂本真佐哉

 4.第一・第二世代CBT
   事例…………………………………………………………西川公平
   事例へのコメント――好きこそものの上手なれ………中島 央
   リコメント…………………………………………………西川公平 

 5.第三世代CBT
   事例…………………………………………………………高橋 史
   事例へのコメント――事例に対するブリーフ的考察…市橋香代
   リコメント――Act for Therapist ……………………高橋 史

おわりに……………………………………………………………大野裕史
投稿者: 西川公平
2014-04-21 11:33
カテゴリー: お勧め

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。