07/03: うつ病にエビデンスのある心理療法

今までの所、いつもBMJを観てたんだけれど、ふと思い立ってAPAを観てみました。
ソースはここです

(strong research support)
・Behavior Therapy/Behavioral Activation
・Cognitive Therapy
・Cognitive Behavioral Analysis System of Psychotherapy
・Interpersonal Therapy
・Problem-Solving Therapy
・Self-Management/Self-Control Therapy

(modest research support)
・Acceptance and Commitment Therapy
・Behavioral Couple Therapy
・Emotion-Focused Therapy (Process-Experiential)
・Reminiscence/Life Review Therapy
・Self-System Therapy
・Short-Term Psychodynamic Therapy

日本語訳は続きに

APA的に言って第一選択だろうセラピーは、次の6つ
・行動療法、行動活性化(Behavior Therapy/Behavioral Activation)
・認知療法(Cognitive Therapy)
・認知行動分析システム精神療法(CBASP:Cognitive Behavioral Analysis System of Psychotherapy)
・対人関係療法(Interpersonal Therapy)
・問題解決療法(Problem-Solving Therapy)
・セルフマネージメント/セルフコントロールセラピー(Self-Management/Self-Control Therapy)
上の五つはまあ大体わかるし、それなりにできる気もするけど、一番最後のやつなんだろ?セルフマネジメント?
ちらっと調べた感じ、CBTは近年細かに分化していっているから、そーゆー類かも知れない・・・。

上の6つをくまなく試してみて、どれもハズレだったら、下の6つにいくと良いみたい。

・アクセプタンス&コミットメントセラピー(ACT:Acceptance and Commitment Therapy)
・行動的カップルセラピー(Behavioral Couple Therapy)
・感情焦点化療法(Emotion-Focused Therapy)
・回想/ライフレビューセラピー(Reminiscence/Life Review Therapy)
・セルフシステムセラピー(Self-System Therapy)
・短期精神力動的療法(Short-Term Psychodynamic Therapy)

うーん、これらはなんだろう?ACTと行動的カップルセラピーを除いて知らないわ。
心に留めておいて、いつの日か第一選択に登ってくることがあれば、学んでみたいと思う。

ふと思うんだけど、アメリカ人って、「私の作った***セラピー!」みたいなのが多い気がする。
日本にそーゆーのって、森田療法と、内観療法と、動作法と、そんなもんかな?
お国柄の違いかなあ。
投稿者: 西川公平
2012-07-03 21:28
カテゴリー: エビデンス

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。