06/09: 認知療法の治療効果

巷でうわさの認知療法。認知症に効くって誤解の数だけ噂されてます。



さて「認知療法西から東へ 井上和臣著」の一説に「1988年ペンシルバニア大学認知療法センターを訪れたうつの患者さんに対する治療成績」が書いてました。・・・古くてすみません。

1988年3月から8月までにセンターを訪れた方はは219名。

その内、163名は違う病気で、major depressionおよびdysthymiaと診断されたのは56名。

56名のうち、5回の治療セッションを受けることが出来たのは36名で、順番待ちが3名、順番は来たがセンターに来なかったのが3名、5回以内に中断したのは13例。

5回受けた36名の内、継続中は17例、両者同意の上終了は10名、来なくなったのは9名

ええと、計算すると・・・
認知療法センターに来たうつの人で100人の村を作ると、
認知療法で改善した人は、18人ぐらいか。をを、自然治癒率(15人)を上回る・・・!
ひいきして継続中を入れると48人ぐらいですねぇ。

ちなみに認知療法を薦められたけど、結局治療に乗らなかった人は、・・・45人ですか・・・。
多すぎ・・・。
投稿者: 西川公平
2007-06-09 18:07
カテゴリー: 疫学・統計

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment

TrackBack

トラックバック

トラックバッックはありません。